スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
逆子ちゃん
30w6day

電車の旅で6時間。 ヘルシンキに住む夫の叔母の家に来ています。

叔母は現役ベテラン助産師なので、日ごろの疑問&質問を解消するいいチャンス!とばかりに
普段ネウボラでは何も聞かない私達ですが、気になったことをいろいろ聞いて見ました。

(ふだんの検診ではなかなか聞くことが思い出せなかったり、まあ次でいいか~ってなっちゃうんですよね)

久しぶりに会ったので積もる話もあってか会話は途切れません。

と、何かの話の流れで叔母が、おなかの赤ちゃんを触診してくれることになりました。

寝室に連れて行かれ、仰向けに寝転がり、両膝を立てた状態で叔母がおなかを触ります。

『ここが頭で、こっちがおしり、今1500gってとこね、ちょっと小さめだから女の子だと思う。。。。』 

えっ??? 頭こっちってことはこの子逆子?!


戸惑う私に、そんなことはお構いなしという感じで、『ここが腕、ほらこれが足、わかる?』と続ける叔母。

今までの検診でこんな風におなかを触られたことはなかったし、こんな風に詳しく教えてもらうこともなかったのでとっても新鮮。 細くてでも長い腕や足らしきものもしっかりわかったのには感動です。
そして夫に、『ほら、ここに耳を近づけてみて。心臓の音が聞こえるから』

機械も聴診器も使わずに赤ちゃんの心臓の音がはっきり夫には聞こえたようで、とってもうれしそう。
もうそんなにたくましくなったんだなあとうれしくなりましたが、


逆子、帝王切開。。。この言葉が頭から離れず、眠れぬ夜を過ごしました。

おうちに帰ったら早速逆子体操覚えよう。

テーマ:妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2008/06/19 23:16 】

| 30w | コメント(0) |
<<検診7回目 | ホーム | 旅行へ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。