スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
保健師さんの自宅訪問
木曜日はネウボラから担当の保健師さんが家に桃&私の様子をみにやってきました。

約生後2週間目にあるこの検診。 保健師さんが自宅に来てくれるのはこの1回だけです。


お産はどうだったとか、産後の回復は体調はどうかとか、赤ちゃんのお世話で困ったことはないか、母乳はちゃんと出てるかどうか などなど話をしつつ保健師さんが持参してきた体重計で桃の体重測定。

生後2週間で桃の体重は 4160g

まだおっぱいを吸う力が弱くて 飲みながらすぐに眠ってしまうので体重の増加が心配でしたがちゃんと増えていたので一安心。 おっぱいは毎日捨てるほど出ているのでミルクを用意する必要もありません。


生後すぐからカラダ全体に出来ていた発疹も(体内で受けた母体のホルモンが影響して出来る発疹なのでみんなできるらしいけれどあまりにたくさんだったので)心配していたのですが せっかく見てもらおうと思っていたのにこの日にはキレイに治っていました。

あとはお臍をキレイに消毒してもらって桃のチェックは終了。


桃の次は私のチェックで子宮の収縮具合や傷の状態を確認。 そういえば2年前の花を出産した後の訪問では私のチェックはなかったなあ…

桃は夜中もよく寝てくれるし(夜中は4時間ごとの授乳)二人目だからか私自身それほど戸惑うこともないし 花の時と比べたらすっごく楽なので 神経質になることもないおおらか育児ですがそれもこのままでよさそう♪♪
生後2週間がたったのでビタミンDをあげはじめることと、短い時間からお散歩に出てもいいというアドバイスをもらいだいたい1時間くらいですべて終了です。


実は8月に引っ越したのでお世話になるネウボラも変わり(住んでいる地域で通うネウボラが決められているので)、今回来てくださった保健師さんとも初対面。どんな方が新しく担当になるのかと内心ドキドキでしたが、とても親切、丁寧な方で桃も全く泣かなかったし、めずらしく話もはずみました(苦笑)これからずっとお世話になるの方なので安心しました。


次回からはネウボラでの検診です。
【 2010/09/26 02:05 】

| 桃 0~1ヶ月 | コメント(3) |
<<2歳児検診 | ホーム | 臍の緒 とれた>>
コメント
--- ---

フィンランドでは助産師さんだけと産む、って選択はあったのだっけ?こちらはDrと産むか助産師さんと産むか(他にも選択はあるのかも?)お産が順調に行けばDrと助産師さんが会うことはないのよ。
助産師さんだと翌日、3日目、10日目に家に来てくれるよ。Drだったらどうなるのか不明…
家は次はあるのかなぁ…
Atsuko * URL [編集] 【 2010/09/26 16:52 】
--- ☆Atsukoさん ---

お産に異常がなかったらドクターとの関わりはほとんどないよ。
痛み止めの麻酔を希望したり、人工的に破水させる時とかはドクターだけれどお産の介助の主体は助産師さん。誰と産むかっていう選択の余地はないよ。
花の時は心拍がすごく下がってしまったからドクターがそばにいてくれたり、最後吸引だったからとてもお世話になったけれど
今回は(お産記録書いてないけれど)あまりかかわりがなかったかな。桃がでてくる前も後も。続く。。。
nacchi * URL [編集] 【 2010/09/27 12:56 】
--- ☆Atsukoさん ---

途中で花に邪魔されたよ~ ごめんなさい。
ということで桃のお産ではドクターとの関わりはあまりなく、助産師さん主体のおさんでした。まあドクターは何かあったときにすぐ対応できるようにナースステーションとか近くにはいるらしいけれど。
カナダではそんな頻繁に来てくれるんだね。頼もしい!
でも産後のケアも助産師さんのお仕事だからドクターと産んだ人のとこにもいくんじゃないかな?
nacchi * URL [編集] 【 2010/09/28 10:26 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。