スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
発熱とその後
この1ヶ月の間にあまりに頻繁に花が39度台の発熱を繰り返していたので
今日は病院へ連れて行きました。


今回は夫と相談してプライベートの病院へ受診することに。

前日にネットで予約をし、その時間に直接病院へ。
たいして待つこともなく呼ばれました。


診察時間はちょうど花のお昼寝の時間と重なっていたので花はバギーで熟睡中。

なので母は落ち着いてドクターに最近の症状を説明。その後ドクターも花に泣かれることなく無事に呼吸音聴取。
次に耳を診てくれるというので、そのまま寝かせて穏やかに診てくれた方がいいと思うのに
「じゃあそろそろ起こしてもらおうか」というので
気持ちよく寝ている花を無理やり抱きかかえ、起こして、当然泣くし、目の前に知らないおばちゃん(ドクターのこと)いるしでさらにおお泣き!! はがいじめにして耳を診てもらったものの、

鼓膜の前に耳垢があって邪魔してよく見えないからと点耳薬をさされさらにヒートアップ!!!
何とかなだめて

次に採血室へ移動。

そこでも母と検査室のおばちゃんとふたりで花をおさえて採血終了。


再びドクターの部屋へ戻って、採血の結果と(項目によってはすぐにわかる)点耳薬でやわらかくした耳垢をキレイにとってもらい


診断結果> 左の中耳炎+上気道炎 でした。

39度の熱を出したと思えばあっという間に下がって、また2~3日後に発熱してと
何だかおかしな気になる熱型だったのと、オシッコのたびに「う~う~」とオムツをはずそうとして嫌な顔をするので
そっちの感染かもとも思いましたが、どうやら悪さをしていたのは中耳炎。

そんなに耳を気にしてなかったし、痛がる様子もなかったので気づいてあげれず(泣)
もっと早くに気づいていたらよかったのかもと反省。
そういえば先日救急外来に連れて行ったときは何も診てくれなかったわ(怒)

5日間分の抗生物質が処方されました。



せっかくのついでなのでと母は日ごろから気になっていた花のお通じも相談。
花のような症状はこの頃の幼児には多いそうですが
腸の働きがにぶいようなので、今飲ませている便をやわらかくする薬の量を増量することと、下剤薬、花の陣痛(苦笑)が始まったらさして腸を広げて便の排出を助けてあげる浣腸薬の処方箋も書いてもらいました。

*ちなみに抗生物質のせいでおなかがゆるくなるので今はまだ使っていません。


診察と採血、薬であわせて約2万円ナリ

花には保険をかけているので多少は戻ってきますが、大きな出費です。


でもそんなことよりも これでしっかり治してまた元気な花に戻ることを父&母は願っています。






【 2010/05/26 21:58 】

| 1歳9ヶ月 | コメント(0) |
<<ブドウ糖負荷試験 | ホーム | 26wだったのね>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。