スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
年代モノのベッド
bed.jpg

今日は花さんが生まれるまえの話になりますが、夫の家族には代々使用されていたベビーベッドなるものがありました。

籐で編まれたカゴのようなベッドでそれほど大きくもないので、新生児のほんの最初の時期にしか使えないようなベッドですが、実はコレ50年前から使用されている年代ものなのです。

ベッドの裏には歴代の使用した人の生年月日と名前が記載されており、花さんなんと18人目。
実は夫も、夫の姉弟も、いとこも姪っ子や甥っ子も使用していた、ここまで来たらもう簡単にはすてるわけにはいかないお宝のようなベッドなんです。

ちなみに最後に使用されたのは16年も前のこと。
その間にもベビーちゃんたちは誕生していたのですが、このベッドがどこの誰を最後にかいつの間にか行方不明になってしまっていました。

夫はもちろんこのベッドで寝た記憶も思いいれもな~んにもないので、特にこだわりも、花をこれで寝かせたいという強い希望もなかったのですが、一番張り切っていたのが夫の姉。
親戚中に電話をかけまくりベッドの行方を必死になって探してくれました。

で見つかったのは彼女の家の今は使われていないので封印されてしまった物置部屋からでした♪というオチなのですが、めでたく見つかり、義理ママがベッドにかけるカーテンやカバーを縫ってくれ、
ステキに仕上がり、16年ぶりのベビーちゃんを迎える支度が整いました。

花が生まれ、結局このベッドで寝たのはほんの数回。
その後モノ入れとしてしばらく活躍してくれたベッドも(場所をとるという理由から)数日前、撤去となりました。



次はいつ、どこで、だれのベビーちゃんを寝かせることになるのでしょうか?
今は義理ママ宅の倉庫で次のベビーちゃんを待ちつつ冬眠です。

短い間だったけれどお世話になりました。ありがとう☆

テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2009/01/15 02:28 】

| 生後1w | コメント(3) |
<<人見知り?! | ホーム | フィジオセラピーに行って来ました>>
コメント
--- ---

ヨーロッパの人は家具を大事にする気がします、と他の方にもつい最近言ったの。
すごいねー、なんかファミリーヒストリーって感じで重みがあります。
家のでっかいベビーベッドはグリで5人目。初の女の子が使用中です。まだ10年くらいのものだけどピッカピカで「ほんとにみんなここで寝てたん?」って感じ。もしかしてグリと同じでみんなそこで寝てなかったのかも?!
花ちゃん、フィジオセラピーの結果も問題なくてママ一安心ですね。
Atsuko * URL [編集] 【 2009/01/15 17:02 】
--- ---

そういえば家の大家さんも6年ぶりに赤ちゃんが生まれるって、家族の伝統てきなベビーベットにニス?かなんかを塗りなおしてたよ~ヨーロッパはこういうのが多いのかな~?
フレームだけあればマットレス買えば良い話だもんね!日本だったら同じ布団?(汗)って考えたら恐ろしくなっちゃった~(笑)
そんな伝統的なベットで花ちゃん寝たなんて素敵~♪♪
Mina * URL [編集] 【 2009/01/15 18:56 】
--- コメントありがとうございます ---

なんかすごいよね。モノを大切に使うっていうのはすごく大事なことだなっておもう。日本にいたら私新しい物好きで絶対ふる~いベッドなんかつかわなかっただろうなっておもうもん。このベッドに限らず、いろいろ古い家具たちが今だ元気に活躍しています。我が家でも義理ママ宅でも。ちなみに花が今寝てるベッドももらい物で年代モノよ。グリちゃんも気に入ってしっかりそこで寝てくれるようになるといいね。

☆Minaさん
こういう風にモノを大切にするのはヨーロッパの文化なのかな? うちにも古い家具がいっぱいあるよ。それに家具だけじゃなくって洋服とかも。姪っ子の20年前のベビー服とかもらってビックリした(苦笑)
ブログには書かなかったんだけれど命名パーティで花に着せたドレスも45年以上昔のアンティークだったわ。
ホントはもっとかわいいの着せたかったんだけれどね。そんなの出されちゃったらね~言えなかったよ(汗)
nacchi * URL [編集] 【 2009/01/16 23:42 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。