スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
検診でした
下書き保存のままになっていた過去の記事をupしました


日本では公的機関は仕事納めでお休みの12月30日。年末事情の関係ないフィンランド、花さん4ヶ月検診に行ってきました。


検診センター(ネウボラ)へ行くついでに薬局へ寄って、ロタウィルスのワクチンを購入。55ユーロのちょっと痛い出費。。。でもこれで3回目、最後の接種です。

薬を処方してもらうために番号札を取って並ぶのですが、私の前に6人くらい待っている人がいてなかなか順番が来そうにありません。 待合スペースも狭いので少し離れたところで立って待っていたら、それまで静かに寝ていた花が突然大泣き。何とか泣き止んでくれないかなあとバギーを前後にゆすっていたら、ひとりの薬剤師さんが寄ってきて、『あなた処方箋持ってる?』『先にやってあげるからちょっと待ってて』と、奥へ入って行き待っている人とは別でワクチンを準備してくれました。 花がグズってくれたおかげで優先してもらえ長く待たずに済んでラッキー☆親切な薬剤師さんに感謝し、花にも『よくやった!』と褒めておきました。


検診センターではまず担当の保健師さんが身体測定をしてくれ、そのあとドクターの診察室へ移動。退院後初めての診察なのでどんなドクターかなあと思いましたが、まあまあ感じのよい中年女性。

心音や呼吸音の聴診、対光反射、追視をするか、ものをつかむかどうか、股関節の様子、仰向け、うつぶせ、頭の持ち上げ方やら手足のうごき、皮膚の状態などなど頭の先から足の先までしっかり診て下さいました。

元気だし、発育も順調、これと言って気になることもなかったのですがDrがひとこと

『ちょっとこの子、元気がよすぎるわね。もっとリラックスしてないといけないわ。』

あの~ どういうことでしょうか?


花さん、筋緊張が強すぎるとのこと。



実は、両足をピーンとのばしてカラダを硬く強ばらせることが多い花さん。
オムツを替える時も足をピーン!足首を持って上に持ち上げると後頭部で倒立しちゃうくらい(苦笑)
なのでオムツ換えはちょっと大変なことも。
この日も診察時足をかたくなに伸ばしたままなのでDr、股関節の動きを見るのにかなり苦労してました。。。

そこで言われた上記の言葉。

で、フィジオセラピー(日本語で言う理学療法)を受けることになりました。


花さんのこの状態、今まであまり気にもしてませんでしたが、そんなふうに紹介状まで書かれてしまうことになると
ちょっと心配です。

テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2009/01/14 01:22 】

| 4ヶ月目 | コメント(0) |
<<フィジオセラピーに行って来ました | ホーム | 授乳中…>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。