スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
初めてのクリスマス
joulu2008 joulu

今年もクリスマスを無事に迎えることができ、ホッと一息ついている週末です。
とはいえ、我が家はまだまだクリスマス。
というのも年明けの1月6日まではフィンランドではクリスマスムードが続くんです。

赤い飾りつけも、クリスマスの音楽にも料理にも もう飽きちゃいましたけど…


そんな我が家のクリスマスイブの様子です。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2008/12/27 21:32 】

| 4ヶ月目 | コメント(6) |
Merry Christmas☆
12.2008 320 i

皆様、ステキなクリスマスをお過ごしください。

テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2008/12/24 17:32 】

| 4ヶ月目 | コメント(5) |
すたい@日本文化?
花さんのよだれが最近また増えてきた気がします。
よだれだらだら、ミルクの吐き戻し、時には服をぴちゃぴちゃとお口の中にいれて遊んでしまうのでお着替えも数回。 一日に何度も着替えるのは面倒なので、スタイは必需品です。

先日、夫の上司の家でクリスマス会があり家族も同伴ということだったので出かけてきました。
新品のかわいいスタイをつけて(笑)

夫の同僚やそのパートナー達との会話を楽しみ、料理を楽しみ、その日は早々に帰宅してきたのですが翌日夫が職場である女性同僚に、
『子どもにずっと食事エプロン着けておくのは日本の習慣なの?』と聞かれたそうです。

実は彼女の子どもちゃんが通っている保育園に、日×フィンカップルの女の子がいて(私の友人ですが)、その子も以前食事の時間でもないのにず~っとお食事エプロン(←スタイのこと)してたからおかしいなあって思っていたらしく、そしたら花もしてたから彼女の中で『日本の習慣』という解釈がなされたようでした。
夫はお食事エプロンじゃなくって、あれは『よだれかけ』だと説明したようですが、わかってくれたでしょうか?

そういわれてみれば、こっちでスタイをしている赤ちゃんを見たことがないし、
スタイ自体売ってるところをほとんど見かけません。(花のスタイはすべて日本製)
ミルクの吐き戻しが多かった花には生まれてすぐの頃からすでにスタイを着けてましたが
そういえば、夫にも義理ママ&義姉にも最初『コレ何?』って聞かれてたっけ…

先日会った友人は、(花と1週間違いのあかちゃん)『よだれそんなにたくさんは出ないよ。お手てしゃぶったりして出ることはあるけれどそんな着替えするほどじゃないわ~』って言ってました。

赤ちゃんによってよだれの量も異なるのは当然のこと。もちろん必需品な子もいれば全く必要ない子もいる。だけれど、
スタイ売ってない、知らない。
じゃ、フィンランドのママさん達みなさんどうしてるんでしょうか?(フィンだけでなく海外在住者の意見求む)


フィンランド人の赤ちゃんはよだれでないのか??? そんなわけないよね~。

テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2008/12/16 12:35 】

| 4ヶ月目 | コメント(16) |
ずっと気になっていたBCG
花さんの寝ている間に久々の更新。

今日はずっと気になっていたBCGについて。

日本では『定期接種』とされているBCGですが、フィンランドではハイリスク群だけ接種することになっています。 なので妊娠中から担当の保健師さんに聞いたところ、花の接種についてどうするか両親で考えておくようにと言われていました。

ずっとフィンランドで暮らすのなら特に必要はないけれど、日本で暮らす可能性もないわけではなし、暮らさないにしても長期で滞在するのは確実。日本では国が出来るだけ受けましょうと強く勧めている予防接種のひとつなので、花にもやっておいたほうがいいだろうという結論を出しました。

それで、花さんこのBCGを受けたのですが、実はママにはずっとずっと気になっていたことがあったんです。


花さんがこの予防接種を受けたのは病院での小児科Drによる退院診察の時。生後3日目のことでした。
日本ではたぶん3ヶ月~6ヶ月くらいに接種することが多いと思うんです。
でもこのときは生後たったの3日目。 こ~んな小さな赤ちゃんにそんなワクチン注射していいんだろうか?という漠然とした不安もあって、Drに『日本では3ヶ月以降にやると思うからもうすこし先でもいいですか?』と聞いたんです。でも答えは『NO』 今やるか一生やらないかのどちらかだから、ココで決めてほしい。といわれました。

それならお願いします。と承諾したのですが、上腕に2箇所ポンポンとスタンプされるものとばかり思っていたこの注射。ところがDrの手には小さな注射器、アンプルからワクチンを吸って、うつぶせにされた花さんのおしりに『プスッ』と一刺。
『フンギャーフンギャー』とか弱い声で泣いたのは言うまでもありませんが。。。


『あれ?BCGってスタンプじゃなかったっけ?』


でもその時は私のあいまいな知識で質問することをためらったまま退院。
家でゆっくり予防接種について本を広げても書いてあるのはやっぱりスタンプ注射のことのみ。

『じゃ、花さんの受けたのってなんだったの? まさかDrまちがえちゃった? でもそんなはずないよね…』

一番身近な夫に聞いても『???』だし、健診で保健師さんに聞いても『スタンプ?BCGはそんなことしないわよ。大丈夫よDrが間違えるはずないんだから!』 この外人何分けわかんないこと言ってるの?状態。。。

やっぱり何だか納得いかなかったのでネットでも検索。

☆結果☆ 以下Wikipediaより抜粋
BCGワクチンは結核の予防に有効なワクチンである。
BCGは2007年現在、結核に対する予防効果が認められた唯一の弱毒生菌ワクチンであり、世界中で利用されているが、国ごとに対応は異なる。

* 特定年齢で一律接種:フランス、インド、ロシア、日本、韓国など
* ハイリスク群にのみ予防接種:ドイツ、オランダ、スウェーデンなど
* 予防接種実施せず:アメリカなど

以前はツベルクリン反応検査の注射を行い、陰性の場合に経皮接種が行われていた。接種時期は幼児期、小学、中学の3回であったが、2005年の法改正により、接種時期は生後6ヵ月未満(生後3ヶ月以降が推奨されている)の1回となり、ツベルクリン反応検査なしで接種することとなった。
スタンプによるBCG接種法はほぼ日本だけで行われているものであり(他国では通常の皮下注射が利用されている地域が多い)、局所の炎症や潰瘍を軽減する効果があるとされる。


そうだったのか。。。 納得。
こんなことならもっと早くにWikipedia読めばよかった… Drを疑うことも、健診でとんちんかんな日本人だと思われることもなかっただろうに…

国によって予防接種の対応も様々。しかも制度もどんどん変わっているので、むか~し勉強したこともあてになならなくなってきている状態。(ほとんど忘れちゃってるけれど)
いろんなことにアンテナを張っておかなきゃいけないなあと実感した瞬間でした。

テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2008/12/15 11:32 】

| 4ヶ月目 | コメント(8) |
お食い初め
ちょうど100日目だった土曜日、花の形ばかりの『お食い初め』をやりました。

しきたりや風習、難しいことは抜き
しかもココは北の僻地。いろいろな不都合もあるなかでのかなりな略式。
でもできるだけのことはやったつもり+両親の愛情はたっぷりなので許してね、花。

11.2008 012
ちらし寿司、タラの西京漬け
ポテトサラダの茶巾しぼり風
2種の煮豆とお吸い物。
食器は漆器でなくアラビアの陶器の子供用食器です。


準備が出来た頃には花さん、お昼寝中でした。。。
なのでおなかがすいたパパ&ママ、先に食べ初めちゃいました。

まだまだ食べ物には無関心な花さんですが、これからどんどん何でもしっかり食べて元気にたくましく育ってほしいと願いながらの夕食でした。


ちなみに、(昨日)日曜日は義理ママ宅での食事会。
そこで『花ちゃん100日おめでとう』ケーキを持参。
みんなにも食べていただきお祝いしていただきました。
11.2008 069

はりきってゴチャゴチャ乗せすぎました…



テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2008/12/08 11:34 】

| 4ヶ月目 | コメント(5) |
今日で100日!!
祝!!100日。

私も夫もよくがんばってます。


花さん、最近の様子といえば。。。
おもちゃでひとりで遊ぶ時間がちょっとずつ増えてきました。
花さん専用のイス(バウンサーっていうのかな?)に座るのも、ひとりで寝かされていることも嫌って少しもじっとしていられなかった彼女にとっては革新的なことです。
といっても短時間で飽きたり、居心地が悪くなってぐずりだすし、基本はまだまだ「抱っこちゃん」ですが。

ゆびしゃぶりも一段と活発になって、手の甲をぴちゃぴちゃ。指を組んで両方一気に口に入れたり、昨日は突っ込みすぎて「オエッ」ってなってました(苦笑)

一日のリズムもだいたい決まってきて、23時頃から5時か6時頃まではずっと寝ています。で、朝目が覚めたらおっぱいをあげて、またすぐに寝ちゃいます。今度は8時くらいまで。で、またそのあとおっぱい飲んで寝て10時に起床。だいたい朝はいつもこのパターン。

昼間は起きている時には「ああ~!おおう~!!」と元気に声を出してよく笑い、おっぱいもよく飲んで、そしてよく泣きます。

花さんが楽な赤ちゃんなのか、大変な赤ちゃんなのかはよくわからないけれど、
目下の課題は『ひとりで寝んねが出来るようになること』かな。

お昼寝のときも、夜も大変なのが『寝かしつけ』
眠たいのに寝られないから泣いてるのか、疲れすぎて不快なのか、このときはパニクったように大泣き。抱っこして動き回ってないと寝ないし、寝たからといってベッドに置けばすぐに目がさめてまた泣いて…の繰り返し。毎日のこれが精神的&身体的負担です。 比較的すんなり寝てくれる日もあって、そんな日には夫と抱き合って喜んじゃうし、花さん寝てくれたときには必ず「今日も一日オツカレサマでした」と、お互いをねぎらいます。 
ひとりで勝手に寝てくれるようになると、ママもパパももっと楽になるんだけれどなあ。

それでもかわいくて仕方のない娘のために、これからもがんばります。


そうそう、『お食い初め』もやってあげないとね。。。

テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

【 2008/12/06 07:39 】

| 4ヶ月目 | コメント(10) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。